こんにちは♡

水無月三日先生×お稲荷さん先生が手がけるエロ漫画。

「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」

本作を読んだ感想をご紹介していきますのでご参考ください♪

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~ 読者の感想vol.1

本作「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」は、まずは独特のイラストに目を奪われます。

そして夫が獄中に入れられているため生活が苦しく、母子家庭でもないため援助も受けることもできない。

旦那の願いによって夜の仕事もできない女性が息子と慎ましく暮らしているなかで、大家という逆らうことができない相手に迫られてしまう
状況にも感情移入してしまいました。

とても美しい人妻なのにも関わらず、登場する男はみんな気持ち悪い描写で描かれているのは、男性に劣等感を与えないための手法なのか、美しい人妻とのギャップに絡み合いのシーンが好きな人にはたまりません。

刑務所に入っている旦那の面会でからだを見せて自慰行為の手助けをしたりと、二人の愛が深いことも理解した上で、家賃の支払いが困難となってしまったことを嗅ぎ付けた大家の気持ちが悪い息子が迫っていくのは家畜的であるのになぜかエロさが抜群なのです。

食べられてしまいそうなベロチューも、野獣にやられてしまっているような絡みも気持ち悪い男性の描写があってこそなのです。

旦那にもしばらく触られていない美しい人妻が始めは仕方なく体を委ねていたものの、生身の人に触れられる快感が蘇っていき、寝取られていくのは圧巻です。

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~ 読者の感想vol.2

夫が刑務所に入ってしまい、一人息子と安アパートで寂しく暮らす事になった人妻・碧衣(あおい)。

そこにアパートの大家の息子であるエロガキが現れて、経済的支援をしてもらう代わりに身体を差しだす事になっていくこの漫画。

まず何よりも碧衣のムチムチした豊満な身体がとても魅力的でした。全編フルカラーで碧衣の肉感をいやらしく表現しています。

シチュエーションも「大家の息子に犯される」「獄中の夫の妄想内でめちゃくちゃにされる」など背徳感たっぷりのものばかりで興奮します。

碧衣は過酷な状況にあってもあまり弱いところを見せず、エロガキからの変態的な要求にもほとんど文句を言わずに付き合ってみせる強い女性。

そんな碧衣を100ページ以上もあるボリュームを使ってじっくりジワジワと堕としていくのです。

夫と息子を想いながら凌辱に耐える碧衣ですが、彼女はまた一家三人で暮らせるようになるのか?息子が関係を持つ事になる同じアパートの外国人女性との関係は?

そういった部分も気になる物語展開で、なかなか読みごたえのある漫画でした。

色気ムンムンの人妻が夫以外の男性に穢されていき、家族の形がどんどん変わっていく……そんなお話が好きな人にはオススメしたくなる作品です。

ネタバレはこちらから夫は獄中、一方妻は